2016年09月09日

10月7日(金)子どもを取り巻く状況〜虐待〜を知る公開企画 

東京シューレ「子どもを知る」公開講座
児童養護施設の現場から
笹尾正乃さんを迎えて
 児童養護施設「希望の家」(葛飾区)
 家庭訪問型子育て支援ホームスタート担当



(PDFのチラシデータがダウンロードできます)


●2016年10月7日(金)午後6時30分〜8時30分
●東京シューレ王子
(JR京浜東北線・東京メトロ南北線「王子」駅 北口 徒歩5分)
  ★地図はこちら

 東京シューレは、フリースクールなどの活動を通して子ども・若者の成長を支援してきました。
 1985年の開設以来30年以上にわたり、いちばん大切にしてきたのは、当事者がどういう状況におかれて、どういうことを感じ、考え、望んでいるか、ということです。
 私たちが子どもたちと関わるときには、様々な困難な状況に置かれている社会状況を知り、その中で子どもたちにまなざしを向け、受けとめることが求められます。

 私たちは、そうした問題意識のもと、関心のあるみなさんといっしょに考えあう機会を持とうと、公開講座を開いています。
 今回は、葛飾区にある児童養護施設「希望の家」で、家庭訪問型子育て支援ホームスタートをご担当されている笹尾正乃さんをお招きします。
 特に子どもの問題として虐待関連についてお話しをいただこうと思っております。
 様々な活動の中で出会ってきた子ども・家庭の中から、虐待に関する概略・基礎的な知識などと共に、笹尾さんの活動の中で出会った子ども・ご家庭の話から実際のケースや対応についてのお話を伺えれば、と思っております。
 親の方や、学校そのほか様々な場面で子どもと直接関わっている方、関わりたいと思っている方、子どもや教育について考えたい方、子どもや人間への自らの理解を深めたい方、ぜひみなさんご参加ください。

■参加費:1000円(公開講座1回分) 事前申込みは不要です
■主催:特定非営利活動法人東京シューレ
     〒114-0021 東京都北区岸町1-9-19
     電話 03-5993-3135
     FAX 03-5993-3137
     メール  info[@]shure.or.jp
     東京シューレ総合ホームページ http://www.tokyoshure.jp/

◎この公開講座は「シューテレ」関係者研修です。
posted by allshure at 18:48| 情報

2016年04月16日

6月4日(土)東京シューレ 公開企画 なぜ私は 東京シューレを選んだか

event160604_1.jpgevent160604_2.jpg
■チラシPDFファイル■

子どもの教育をどうしたらいいんだろう、と悩まれることはおありと思います。とりわけいじめや不登校、人とうまく関われない…、などについては、「この先どうなる」という不安や「何か情報があれば」という気持ちをお持ちではないでしょうか。
 東京シューレは1985年開設以来、一貫して子どもの視点に立ち、そんな子どもたちと関わってきた実績から,この時期に毎年公開のイベントをもち、「子ども中心の教育」を発信してきました。
 昨年30周年を迎えた東京シューレについて、そして社会的注目が集まるフリースクール・ホームエデュケーションについて、知っていただける機会になると思います。
 どうぞ気楽にお出かけください。

日時●6月4日 (土) 午後1時〜4時40分

会場●東京シューレ葛飾中学校(JR新小岩駅徒歩10分)★地図★

主催●特定非営利活動法人東京シューレ、学校法人東京シューレ学園

入場●無料
お申込●ご参加の人数が多い場合、会場の都合で、別室で映像を見ていただく形でお願いをする場合がございます。
 お申込の先着順で優先してご案内をさせていただきますので、できるだけ事前のお申込をお願いします。
 ホームページ(外部サイト:こくちーず)
https://ssl.kokucheese.com/event/entry/392025/
から必要事項を送信してください。
(FAX・メール・お電話でもお申し込みいただけます。PDFファイルをご覧ください。)

内容●ステージセクションだけのご参加も可能です。事前お申込をお願いします。

★映像セクション★
13:00-13:45 ■ 映像で見る・知る東京シューレ
 東京シューレは設立31年。フリースクール・ホームシューレ・シューレ大学・葛飾中学校について、紹介ビデオをご用意しました。ちょっと早めにいらして、ご覧になりませんか?

★ステージセクション★

13:45-14:05 ■基調講演 奥地圭子 学びの基盤は「安心」
 東京シューレは、子どもの多様なあり方に応じて、多様な形で学び、育つことができるよう、活動の幅を広げてきました。
 これらの活動の根底にあるのは子ども中心の教育であり、安心して学べる環境が大切ということです。子どもと共に展開してきたシューレの活動から、その様子を語ります。また、フリースクール・ホームエデュケーションを社会的に位置づけようと取り組んできた新法についてもお話しします。

14:05-15:45 ■現役メンバーシンポジウム なぜ私は東京シューレを選んだか
 東京シューレは、31年前に始めたフリースクール(王子・新宿・流山)から、家中心で過ごしている子と親がつながるホームシューレ、若者たちで運営しつつ探求や表現を深めるシューレ大学、公教育にフリースクールのやり方を生かしている東京シューレ葛飾中学校など、それぞれ多様な形で学び育っています。なぜ子どもたちは東京シューレを選んでくれたのでしょうか。実際に学び成長している子どもたちにその思いや経験を語ってもらいます。

★ブースセクション★

16:20-17:00 ■ 情報提供・相談タイム
 ステージセクション後は、上記の活動ごとにブースをもうけます。スタッフから詳しい情報提供をしたり、ご相談に応じたりします。不登校についてのご相談も、この時間にお受けします。どうぞこちらも引き続いてご参加ください。


posted by allshure at 08:35| 情報

2016年04月01日

チャイルドライン(R)について

東京シューレは、18歳の子どもがいつでもどこでも、どんなことで電話で話せる「チャイルドライン(R)」の活動を応援しています。
詳しくは、「チャイルドライン東京ネットワーク」のページをご覧ください。

※チャイルドライン(R)は、「特定非営利活動法人チャイルドライン支援センター」の登録商標です。


posted by allshure at 07:28| 情報